トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  未分類  >  アイルランドから

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月になってしまってからの… | トップページへ戻る | 夏のお楽しみ(?)からの…

このページのトップに戻る

アイルランドから

2015年08月31日


無事に帰国して1週間が過ぎました。

予想以上に色んなことがあった、アイルランドでの2週間…

フィークルのミュージック・キャンプでは、3日間で
リオン・アグニューさん、ジョン・ケリーさん、ジェニファー・レニハンさんのレッスンを受講。
フルートの生徒は私だけだったので、じっくりレッスンしていただけました。
午後はMarie Buglerさんのセットダンスのレッスンを受けたり、
Pat O'Connorさん、Eoghan O'Sullivanさんをはじめ、
Vincent Griffinさんというフィドルの巨匠など、
たくさんの素晴らしいミュージシャンによるコンサートを聴いたり…
伝説のペパーズ・バーにて、
タラ・ケーリーバンドのリーダー、Mark DonnellanさんとJohn Cannyさんによるセッションを聴いたり…
素晴らしい音楽が溢れていて、気絶しそうでした。

フィークルの後は、ショーン・ライアンに会いにショーンのお城Leap castleへ。
幽霊が出るとの噂もあるお城ですが、お城を見学させてもらった後、
ショーン自らが作ってくださったトラディショナルなお料理と、
デザートまでをいただきました。
ものすごく美味しい、男の手料理でした。
今秋、ショーンを岡山にお招きします。
それまでに少しでも自分の技量を上げておこうと、
気合が入りました。

翌日は、私が使っているフルートの製作者、マーティン・ドイルさんに会いに、
マーティンさんの工房へ。
実は迷った末、日本を出る少し前にマーティンさんに会いたい旨を連絡しました。
アイルランド入りしてからマーティンさんからOKのお返事が!!
しかし、田舎にいたことと、借りていたルーターがイマイチうまく機能せず、
返信に手こずり…汗。
なんとか前日にフリーWiFiを捕らえ、約束に漕ぎ着けました!

実は先月、新しいフルートをマーティンさんに注文していて、受け取りは数ヶ月先だと思っていたのですが、
マーティンさんから「フルート出来てるよ」と!!
急遽、キャッシングでお金をおろし、バレン高原へ。

そうそう、レンタカーがまさかのアウディ!!
人生初アウディ(笑)
エンジンのかけ方からわからず、しばし皆で苦戦をば(苦笑)…
が、素晴らしいナビが付いていて、運転もスムーズでした。

マーティンさんも快く私達をもてなしてくださり、
マーティンさんのお宅にあるコンサートフルート(ムラマツだった)や、
マーティンさん自作のバロックフルートまで吹かせていただきました。
フィドルやバウロンまで出てきて…笑。
結局セッションとなり、気付けばかなりの時間が過ぎていました。

今夜はドゥーリンに泊まるというと、マーティンさんが、
素晴らしい笛吹きがセッションしているから行ってみたら?と。
Christy Barryさんという、包容力のあるフルート奏者がホストのセッションに行きました。
優しいおじさんで、翌日も違うお店でセッションしてるからおいで!と。
ドゥーリンの2日間は、楽しい夜となりました。

そして2年前にお世話になった、ダウラ村へ。
ホストファーザーがスライゴーまで迎えに来てくれ、その後
伝説のフィドラー、マイケル・コールマンの記念館に連れて行ってくれました。
CDなどを物色していると、そのお店にいた女性が、なつえさんのお気に入りのCDで
バウロンを演奏しているJunior Daveyさんの奥さんであることが判り!!
Daveyさんに連絡し、ご本人が駆けつけてくださいました。

またここでもセッションが♪

そして、翌日のコンサートに誘ってくださいました。
翌日…コンサートの終盤で、私達3人飛び入り参加させていただくという…
またもや信じられない展開でした。

ホストファミリーには、ターロック・オキャロランのお墓にも連れていってもらいました。
オキャロランのお墓の前で、オキャロランの曲を演奏させてもらいました。
アイリッシュ、もっと極めていこうと思います。

ホストファミリーの子供達は、この2年の間にトラッドに興味を持ち、
みんなでセッションをしました。
それから、ドニゴールの絶景ポイントにも連れて行ってもらい、
楽しいひと時があっという間に過ぎました。

最初日はダブリンの街を一人で散策。
たくさん歩き回りました。
が、ダブリンではあまりトラッドか聴けず…
濃厚すぎた田舎のセッションの思い出が強すぎて、
今度来る時は、ダブリンは素通りになるかと思います(笑)

ハラハラ、ドキドキで始まったアイルランドの旅でしたが、
大丈夫!どうにかしてやる!!の精神は重要だと実感しました。
腰を据えて生きていき、その瞬間から変幻自在にやり抜くことが大事だと感じました。

理想を見つめ続け、大好きなモノを愛しむ時間を喜びながら、日々生きていこうと思います。







スポンサーサイト

9月になってしまってからの… | トップページへ戻る | 夏のお楽しみ(?)からの…

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

Norico

Author:Norico
岡山市在住のフルート吹きです。
クラシック,ジャズ,アイリッシュのジャンルで
出没中♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。